ギフトマナー&アドバイス 不祝儀【GIFT.OR.JP】


  冠婚葬祭マナー 不祝儀
●香典返し ・・・【 のし上:満中陰志、忌明、志 】【 のし下:贈り主様のご名字 / 喪家のお名前 等 】


★香典返しの時期と意味
※香典返しは、忌明けのご報告と、故人のめい福を祈っていただいた先様に感謝の
 思いを込めて、お礼状とともにお返しの品を送るものです。

仏式→七日毎に中陰法要を営み、通常は七期(七七忌)にあたる四十九日の法要を
もって満中陰を迎え、忌が明けるということから盛大に追善供養を営みます。
また、忌中が3ヶ月に渡る場合は、五期(五七忌)に切り上げ三十五日をもって
満中陰法要を営みます。
※最近では「即日返し」と言われ、夜や葬儀の当日に贈る場合も増えています。

神式→三十日祭か五十日祭の頃。
通常、香典返しはしないことになっていますが、最近では仏式の影響もあり
お返しをすることも増えているようです。

キリスト教→通常1ヶ月後(召天記念日)を目安に。
基本的に「忌明け」という概念はありませんが、日本では召天際に挨拶状を添えて
故人を記念する品を贈ることが多いようです。

★金額の目安
※品物は、一般的には「半返し」と言い、頂いた弔慰金の半額程度の品物を贈ります。
 但し、一家の主人が亡くなった場合は3分の1程度のお返しでも構いません。(三分返)

※即日返しの場合には、お香典の額がわからないうちにお返しをすることに
 なりますので、一律の額(一般的には2~3千円程度)のものが良いでしょう。
 頂いたご香典が高額だった方には、改めて忌明け後に別の品物を贈るのも
 良いでしょう。

★品物選びの参考までに
■お茶:お茶を飲んで故人を偲ぶということで用いられています。
■タオル類:仏事では仏の世界へ白装束で旅立つという意味から『さらし』が利用されていました。
 それがタオル類という形で今でも引き継がれています。また、実用品としても好まれます。
■砂糖:仏の世界へ白装束で旅立つという意味とともに『消耗品』であることから
 先様へ不幸が及ぶのを消滅させると言われています。
■石鹸:実用品として喜ばれているとともに、不幸を洗い流すという意味も含まれています。
■陶器:昔は死んだ後土に埋葬するという習慣があり、人間は皆土に帰るという意味を含めて
 陶器が利用されています。
■漆器:不幸を塗りつぶすという意味と、二度と不幸がないように願いをこめて、色直しをする
 意味で漆器が利用されています。

法要・法事 ・・・【 のし上:志、粗供養 など 】【 のし下:贈り主様のご名字 等 】


     ★年忌法要
     一周忌(一回忌)/亡くなった翌年の、死亡日と同月同日に行う。
     三周忌(三回忌)/2年目(亡くなった年も数えて三周とする)
     それ以降/七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌。
     ※一般的 には三十三回忌を最終法要とします(弔上げ)。

     ※のしの表書である「志」は、宗教を問わず使われます。
     ※神式・キリスト教等では「偲び草」等の表記もあります。

生前いただいたお見舞の御礼について

入院中にお見舞いを頂き、そのまま亡くなった場合には、お見舞の御礼と香典返しを合わせて贈る場合があります。

★ 合わせてお返しをする場合とその留意点
・頂いたお香典とお見舞の御礼分、2つ分のお返しとして品物を選んで贈る。
 香典返しのお礼状と共に、お見舞に対する感謝の気持ちを記したカード等を付けると良いでしょう。

・お香典と、お見舞い分、それぞれのお返しとして2つのものを贈る。
 この場合には2品を重ねて贈らず、別々に配送しましょう。「不幸が重ならないよう」という意味です。
 のしはどちらも不祝儀用のものを使用します。